銀行.info

銀行関連ニュース

三菱東京UFJ銀行の新行名、何が良かった?

執筆者: ginko 発行日付: 2017-05-17

まずは前回の読者アンケートを振りかえってみます。前回の「韓国の大統領選挙では、深刻化する格差などを背景に革新系の文在寅氏が当選しましたが、世界の大統領選挙で反格差・反グローバリズムの動きが支持を集めています。あなたはグローバリズムを支持する?支持しない?」では・・・

1位:支持する 50%
2位:支持しない 33%
3位:どちらとも言えない、分からない 17%

となりました。1位は「支持する」で約5割ですね。

日本は中学校(小学校?)で習ったように「組立加工産業」の国としてグローバリズムの恩恵を一身に受けてきたわけで、もし世界が貿易に門戸を閉ざしていれば戦後の目覚ましい発展は不可能でした。そう考えるとグローバリズムを支持する意見が多いのも当然だと思います。

実際のところ今でも貿易の好不調が日本経済の好不調と完全にリンクしておりますし、為替相場が日本の株価と完全に相関しているのも同じ理由ですね。

というわけで筆者ももちろんグローバリズム支持派であるわけですが、ただ投票結果に戻ると2位は「支持しない」でこちらも約3割結構なシェアを占めていることが分かります。もし残り2割を占める「どちらと言えない」派が「支持しない」派に回れば、日本でも「反グローバリズム」の機運が高まる可能性があるということですね・・・。

ではなぜグローバリズムに反感を持っておられる方が一定割合おられるのでしょう?一般的に言われるのはグローバリズムが進むことによって、より稼ぐ人が出てくる一方で、年収的に下層にいる人の賃金が底上げされると言われております。結構なことのように響きますが、その反動で真ん中の「中間層」の収入には逆風が吹くようですね。つまり中間層の賃金が伸び悩むわけで、こうした不満がBrexitトランプ旋風を産んだものと思います。

ただこと日本において中間層の不満が高まっているという話は聞きませんのでそれよりむしろ

・工場の海外移転の動きが気になる製造業の方々
・農産物の輸入自由化が気になる農家の方々
・農産物の輸入拡大により食の不安が気になる方々
・海外人材の流入拡大による治安や日本文化の悪化が気になる方々

といった「漠然とした不安」がグローバリズムに対する反感を醸成しているのかもしれません。

とは言いつつ、社会も経済も原則として合理性に基づいて回っている以上、グローバリズムの動きは止めようがありませんし、前回のコラムでもご案内したように結果的に貧しい国の経済成長につながるのであれば人道的な見地からもグローバリズムは進めるべきですね。

こうしたイデオロギーは時計の振り子のように右へ行ったり左へ行ったりするものですが、足元の「反グローバリズム」の動きはその内反転して「グローバリズム推進」に向かうことになるのでしょうか?

シリアの内戦が終結し、ヨーロッパの難民が中東に帰国することになれば緊張が和らぎ大きな転機を迎えそうな気もしますが、期待だけはしておきたいものですね。

ではアンケートへの投票がまだの方は、ぜひ投票をお願いいたします。アンケートは6月10日まで。

〔投票〕http://www.ginkou.info/enquete/?p=99

〔前回のコラム〕グローバリズムを支持する?しない?



 --- Ginkou ---

「東京」消え「三菱UFJ」へ 東銀DNA「海外」残るか
http://www.nikkei.com

「きらら銀行」「あかね銀行」――。三菱東京UFJ銀行は15日に「三菱UFJ銀行」への改称を発表したが、内部ではこんな名称も検討されていた。だが2年ごしの議論の結末は、統合から20年あまりを経て、現行名から「東京」を消すという選択だった。

ひらがなの行名は巨大財閥の「三菱」を外すことへの反対が根強く、採用を見送ったようだ。最後は持ち株会社の三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)と名前をそろえたほうがよい、という結論になった。

ただ名前は消えても「東京銀行」はグループ内でなお存在感を保つ。実際に三菱UFJが同日発表した幹部人事では東銀の出身の吉川英一氏が、グループ全体の海外戦略を統括する国際事業本部長に就任した。存在感の背景には東銀の持つ特殊なDNAがある。

東銀は日本で唯一の外国為替専門銀行で、1880年設立の横浜正金銀行がルーツ。特徴はいまのメガバンクが足元にも及ばない幅広い拠点網。第2次世界大戦前にはインドや中国、東南アジアの主要国をすべてカバー。ミャンマーにも14拠点構えていた。イラクのバグダッドやケニアのナイロビにまで展開していた。

最前線に根を張る東銀のDNAは三菱UFJの海外戦略を随所で支えてきた。いま主要市場と位置づける米国では、大恐慌時に日系アメリカ人の資金繰りを支えた加州東京銀行が現地の支持を得た。同行は後に米国戦略を担う地銀のユニオンバンク(現MUFGユニオンバンク)を買収。金融危機を経て、旧東京三菱銀行内で米国からの撤退論が浮上した際も、東銀出身者が反対し続けた。

日本の金融機関による海外買収は失敗の歴史でもあるが、東銀出身で、三菱東京UFJ銀常務執行役員を務める越和夫氏は「米国では長い時間をかけて現地の管理職までローカル化する戦略を着実に進めてきた」と自負する。三菱UFJは15日、本体の取締役に初めて米国人を採用した。

「バンク・オブ・トーキョーの名前のほうがいまだに有名だ」。三菱UFJ首脳は海外出張を振り返って苦笑したことがある。

今回、英語名はバンク・オブ・トーキョー・ミツビシ・UFJから「MUFGバンク」に改称する。「トーキョー」を外す決断に、国際金融機関へと脱皮する覚悟がにじむ。成否を分けるのはローカル化を徹底する東銀のDNAかもしれない。

〔 出典:日本経済新聞 〕

 --- Ginkou ---


三菱東京UFJ銀行がいよいよ行名を変更し、「東京」を外すことが正式に決まったようです。つまり「三菱UFJ銀行」になるということです。

そもそも持ち株会社の名前からして「三菱UFJ」だったわけですから、「東京」を外すのは既定路線だったかと思いますが、それでも意外に時間がかかりましたね。

筆者は東京銀行出身者の方には申し訳ないですが、「東京」を外すことには賛成です。何より「三菱東京UFJ銀行」では名前が長すぎることに加えて、日本人全員が「東京」という地名にポジティブな印象を持っているわけではないからですね。特に「非東京」の方々は東京の圧倒的な経済規模に対して複雑な思いを持っているものと思われ、「アンチ東京」という方も少なくないと思います。ひと昔前の「巨人ファン」と「アンチ巨人」の関係です。

東京」が外れることによって、よりフラットな気持ちで三菱UFJ銀行を利用できるのであれば、利用者にとっても銀行サイドにとってもwin-winだと言えそうです。

ただ上記日経新聞の記事では、その「東京」について思い入れたっぷりに解説しておりなかなか興味深いですね!要するに「東京」は東京銀行に由来するものであり(当たり前ですが)、その英語名である「バンクオブトーキョー」は今でも十分な知名度とブランド力があるということです。ナルホド。

加えてその東京銀行出身者が三菱東京UFJ銀行の海外戦略を支えてきたということですが、確かに三菱東京UFJ銀行の海外戦略は非常にうまく行っている印象があります。記事に出ているユニオンバンクもそうですが、リーマンショック時にアメリカ投資銀行の雄であるモルガンスタンレーに出資したことも相当なヒットでしたね。

個人的には完全買収したり、過半の株式を買収していれば「ホームラン」だったのではないかと思いますが・・・。まぁ、日本人に海千山千の投資銀行をコントロールするのは不可能かもしれませんけれど。

それはともかくとして名称が三菱UFJ銀行になったとしても、ぜひこれまで通りうまく海外展開を進め、他の銀行の範になってほしいと思います。もはや日本市場に留まる限り縮小均衡となるのは避けられませんからね。もう日本企業には借り入れはいらないのです。

なお今回、三菱東京UFJ銀行が三菱UFJ銀行になるわけですが、そのうち「UFJ」が消えることも間違いないですね。つまり最終的には「三菱銀行」になるということです。

これまたUFJ銀行出身の方には申し訳ないですが、ただ「UFJ」という名前にそれほどのブランド力も歴史もありませんので、当然かと思います。三和や東海と言った名前なら別ですが。あと10年もすればUFJ銀行出身者の方はほとんどいなくなると思いますのでそうしたタイミングで検討されるのでしょう。

ここで唐突に思い出しましたが、謎だったのがUFJ=United Financial of Japanという名称です。筆者の英語力ではfinancialというのはあくまで形容詞であり、修飾されるべき名詞がないというヘンテコな英語のはずですがいかがでしょう?UFJという名前が消える前に誰か教えてください(笑)。

なおこのままだと内容の薄いアンケートになっていたわけですが(汗)、上記記事は良いネタも提供してくれています。何かといえば新行名の候補として「きらら銀行」や「あかね銀行」があったというのですね!

何だか新種米の名前のようですし、筆者はだんぜん「三菱(UFJ)」派ですが、ただ顧客の利便性という観点から言えば後者の方が明確に有利ですね。

それならもういっそひらがな2文字もありなのかもしれません。「あい銀行」「さん銀行」「シン銀行」「ゆう銀行」「びし銀行」etc...。

どれも既存の銀行名と被りそうではありますが(苦笑)。

ということで今回の読者アンケートは「三菱東京UFJ銀行の名称が三菱UFJ銀行に変わるようですが、その過程できらら銀行やあかね銀行と言った名前も検討されたようです。あなたが良いと思う名前は?」でいきましょう。投票は6月17日まで。

■【読者アンケート】三菱東京UFJ銀行の名称が「三菱UFJ銀行」に変わるようですが、その過程で「きらら銀行」や「あかね銀行」と言った名前も検討されたようです。あなたが良いと思う名前は?(6月17日まで)
http://www.ginkou.info/enquete/?p=106



>>>間違いだらけの銀行えらび ~ 銀行.info<<<

思い立ったら、今すぐこの場で資料請求!



スポンサードリンク

Copyright© 2017 Ginkou.info All Rights reserved.

PAGETOP MENU MENU