銀行.info

銀行キャンペーンを斬る!

じぶん銀行:ATM最大11回無料、他行振込最大5回無料

執筆者: ginko (2017-11-3)

ユーザー参加型の銀行比較・ランキングサイトである銀行infoがご案内する、最新の銀行キャンペーンに関するニュース。今回は「じぶん銀行:ATM最大11回無料、他行振込最大5回無料」です。

今週最も衝撃的なニュースはやはり座間の事件ですね・・・。当サイトで取り上げるべき種類のものではありませんので長々と書く気はありませんが、この事件の最も特異な点は「被害者の多くが未だに判明していない」という点です。

もしかすると被害者の方は遺書などを残して事件に遭ったのかもしれませんが、いずれにしても「いなくなっても分からない人がいる」「いなくなっても探されない人がいる」「いなくなっても騒ぎにならない人がいる」という事実は気持ちを重くさせます。

最初の被害者が失踪した時点で警察が動けば、容疑者はあっと言う間に捕まったものと思います。もちろん、被害者やその家族、警察に落ち度があったとは思いませんが。

容疑者の闇、被害者の闇、自殺志願者の闇、ネットの闇、社会の闇があのアパートの一室に凝縮されている気がします。被害者の方々のご冥福を心よりお祈りしたいと思います。



さて、まずは前回取り上げた商品・キャンペーンのみなさんの評価をみてみたいと思います。

前回の「キャンペーンを斬る」では、楽天銀行:円定期6ヶ月0.11%を取り上げました。気になる金利はと言うと・・・

■楽天銀行「円定期預金特別金利キャンペーン」

・6ヶ年:0.11%


つまり・・・タイミングも「逆張り」なら、「6ヶ月」という預入期間もまた「逆張り」と言えそうです。

金利水準としてはまずまずですが、ただ今から6ヶ月の定期預金を組むと、半年後は4月でまたまた「閑散期」ですね。半年後に必ず使うという人ならまだしも、当面運用したい資金であれば、もう1ヶ月待って、冬の定期預金キャンペーン金利をチェックしてからでも遅くはなさそうです。

楽天銀行の場合、楽天証券口座保有者向けサービスである「マネーブリッジ」を利用すれば普通預金の金利が0.10%にアップしますのでなおさらです。

参考にしてみてください。

さて投票結果ですが、5つ★満点で「2.0」。最低が1つ★なので低い評価ですね!

金利水準はそこまで悪いとは思いませんが、上記の通り「今から6ヶ月」という預入期間が不評だったのかもしれません。

では、投票がまだの方はぜひ投票をお願いします。投票は11月27日まで。

>>>楽天銀行の「円定期預金特別金利キャンペーン」について詳しくはこちらから

投票:http://www.ginkou.info/enquete/?p=222

前回のコラム:「楽天銀行:円定期6ヶ月0.11%」

今回は、じぶん銀行の「じぶんプラス」を取り上げたいと思います。



ここでいつものように世の中の金利動向をチェックしておくと、こうなっております。

■長期金利推移(グラフ期間:3年)



2013年4月初旬の「異次元緩和」以降、一時的に金利が上昇することはあっても、全体的には長期金利は徐々に低下しています。つまりは超・低金利傾向が鮮明となってきているわけですね。

さらに大きな金利低下圧力になったのが2014年10月31日に発表された追加金融緩和策です。これにより金利がもう一段低下するのは確実と思われたわけですが、しかし金利の「最大の刺客」は2016年1月末にやってきました。

皆さんよく御存じの「マイナス金利」政策です。これが驚くくらいに市場に波及し、長期金利はマイナス水準まで低下しました。

ただ2016年7月末の追加緩和発表後は「失望」からか長期金利が大きく上昇し、さらにトランプラリーによってアメリカの長期金利が急上昇し、それに連動する形で日本の金利も上昇してきました。

足元でも+0.055%ということで1年前の水準と比較するとかなり回復しています。

となると更なる金利上昇を期待してしまいますが、しかし日銀が長期金利の操作目標を「0%」に設定している以上、そこから大きくかい離して上昇するというのは考えにくいですね。

つまりは「金融緩和が継続している間は大幅な金利上昇は期待できない」ということです。冒頭でも触れましたが、いつか我々の目が黒いうちに金融緩和が縮小され、金利が自然に上昇することを願いたいと思います。

さて11月となり定期預金キャンペーンとしては「閑散期」の真っただ中ということもあり、新たなキャンペーンの開始を待ちつつ、最近あまりカバーできていなかった各銀行の「顧客特典」を見ていきたいと思います。まず初回はじぶん銀行の「じぶんプラス」ですね。

特典内容からチェックするとこうなります。



じぶんプラスの「ステージ」によって、ATM出金手数料は毎月最大11回まで、他行あて振込手数料は毎月最大5回まで無料になるということです。

無料回数としては十分ですね。

筆者は毎月ATMは3~5回、振り込みも5回くらいは使いますので、利用するのであればステージ4以上を狙いたいところです。

ではその気になる利用条件はと言うとこうなっています。



色々と条件がついておりますが・・・まずはシンプルに残高条件で見ていきたいと思います。 当サイトの比較表に準じて以下3つでチェックするとこうなります。

・残高10万円未満の場合

ATM無料回数:月2回
他行振込無料回数:0回

・残高10万円以上の場合

ATM無料回数:月3回
他行振込無料回数:0回

・残高100万円以上の場合

ATM無料回数:月8回
他行振込無料回数:3回

残高を100万円以上にすると、かなりしっかりした恩恵を得られますね!仮にATM手数料を1回100円、他行振込手数料を1回300円とすると毎月の恩恵は800円+900円=1,700円、年間では20,400円。つまり利回りは「2.04%」ということになります。

もしじぶん銀行を利用するなら、残高は100万円以上を維持した方が良さそうです。

また親会社である三菱東京UFJ銀行との振込は残高に関わらず無料とのことですので、特に三菱東京UFJ銀行利用者の方は同時にじぶん銀行の口座を保有することでこうしたATM無料・振込無料の恩恵を受けられるということですね。参考にしてみてください。

なお、この「ATM無料回数8回・他行振込無料回数3回」の「ステージ4」がねらい目だとすると、残高条件以外の達成方法はこのようになっています。

・住宅ローンの残高があること

・カードローン残高が1万円以上あること

・じぶん銀行FXの取引があること

こちらはちょっとハードルが高めですね。それ以外にも「残高+取引」の組み合わせもあるようですが、それは複雑ですので割愛したいと思います。

気になる方は上記表か、小さい場合は下記ページをご確認ください。

>>>じぶんプラス

筆者も、当サイトのATM・ネット振り込み手数料比較を更新しておきたいと思います・・・。

ではこの、ATM無料回数が月最大11回、他行振込無料回数が月最大5回無料になる、じぶん銀行の「じぶんプラス」。あなたの評価を教えてください。筆者は・・・思ったより内容が良いことを勘案して「★★★★★」にしておきます。つまり満点ですね。投票は12月3日まで。

>>>じぶん銀行の「じぶんプラス」について詳しくはこちらから

■最新のATM・ネット振り込み手数料比較はこちら
http://www.ginkou.info/tinycontent/tinycontent_id7.html


■最新の定期預金金利比較はこちら
http://www.ginkou.info/tinycontent/tinycontent_id8.html


【読者アンケート】ATM無料回数が月最大11回、他行振込無料回数が月最大5回無料になる、じぶん銀行の「じぶんプラス」。あなたの評価は?(投票は12月3日まで)  >>>投票はこちら

>>>間違いだらけの銀行えらび ~ 銀行.info<<<

思い立ったら、今すぐこの場で資料請求!



スポンサードリンク

Copyright© 2017 Ginkou.info All Rights reserved.

PAGETOP MENU MENU