銀行.info

銀行関連ニュース

J-REITは魅力的?

執筆者: ginko 発行日付: 2020-03-31

まずは前回の読者アンケートを振りかえってみます。前回の「トルコリラが急落していますが、高金利通貨への投資は魅力的?魅力的ではない?」では・・・

1位:魅力的ではない 54%
2位:通貨による 38%
3位:どちらとも言えない、分からない 8%

となりました。1位は「魅力的ではない」で5割です。なるほど。

前回のコラムでもご案内したように高金利通貨は高インフレ通貨ですので、せっかくの高金利も通貨安で打ち消されてしまうのですよね・・・その点では「魅力的ではない」というご指摘は全くもってその通りです。

ちなみに件のトルコリラですがチャートをチェックするとこのようになっています。



なるほど、まだ下がり続けているわけですね・・・。

株式であれば半値戻しくらいはありそうなものですが、為替取引は難しいです。君子危うきに近寄らずということで良さそうですね。

ではアンケートへの投票がまだの方は投票をお願いいたします。アンケートは4月25日まで。

〔投票〕https://www.ginkou.info/enquete/?p=1143

〔前回のコラム〕
トルコリラが急落!高金利通貨は魅力的?


 --- Ginkou ---

東証REIT指数、1年ぶり高値 ホテル・オフィス型活況
地銀など、経済回復見越す
https://www.nikkei.com/


東京株式市場でホテルやオフィス物件で運用する不動産投資信託(REIT)の値上がりが目立っている。30日の東証REIT指数は反発し、1年1カ月ぶりの高値を付けた。新型コロナウイルスのワクチン接種が進めば観光やテナント需要が復調して組み入れ物件の収益が拡大するとの見方から地銀などが買いを入れている。

東京証券取引所に上場する銘柄の年初からの上昇率をみると、1位はインヴィンシブル投資法人(27.5%高)、2位は星野リゾート・リート投資法人(27%高)とホテル物件を組み入れるREITが上位を占める。

3位はいちごオフィスリート投資法人(26.6%高)、4位は投資法人みらい(25.9%高)とオフィス型も上位。こうした銘柄がけん引し、30日の東証REIT指数は前日比16.27(0.8%)高の2014.60と、2020年3月6日以来の高値を付けた。

「海外観光客の回復や空室率の低下など、経済本格回復を先回りした買いが入っている」とみずほ証券の大畠陽介シニアアナリストは話す。ホテルやオフィス型REITは、住宅や物流施設を組み入れるREITに比べて出遅れがちだったが、先行きの業績拡大を見越した買いが入っているという。

※抜粋

〔 出典:日本経済新聞 〕

 --- Ginkou ---

筆者も個人的に投資しているJ-REITですが順調に上昇していますね。東証のREIT指数は節目となる2,000を超え、今後さらに上昇していきそうなトレンドとなっています。



そもそもREITは株価に比べて出遅れ感が強かったので、むしろ上昇が遅すぎたという感すらありますね。

上記記事によればアフターコロナを織り込んでホテル型やオフィス型REITに買いが入っているとのことで、銘柄ごとの上昇率ランキングはこうなっています。



今の段階でホテル型REITに投資するのはちょっと怖い気もしますが、金融市場は積極果敢ですね・・・かく言う筆者もJ-REITファンドに投資していますので間接的にこうしたホテル型ファンドにも投資しているのでしょうけれど。

他方でオフィス型については緊急事態も解除され、徐々に空室率も下がっていくのではないかと思います。テレワークの実施率が徐々に下がっていることが示すように、やはり仕事は出社して集まった方が効率的ですからね。

そうしたわけで筆者は中長期的なREITの値上がりに楽観的です。

ただ一方でREIT指数の値上がりを受けてREITの利回りは下がってきています。グラフを見るとこうなっています。



グラフでは2021年2月時点で3.71%となっていますね。3%を下回ることがないとすれば、ここからの値上がり余地は2割程度ということになります。

2割でも上昇するのであれば投資としては成功ですが、もちろんそこまで上昇する保証はありませんので、ここから投資する場合は指数の上昇=キャピタルゲインを期待するのではなく、3%前後の利回り=インカムゲインを期待するのが健全だと言えそうです。

それでも預金の利回りに比べれば遥かに高利回りですから投資してみる価値は十分あると思います。

リスクを上げるとすれば金利上昇や首都直下地震と言ったものがあり、余裕資金の全額をフル投資するのはよろしくありませんが、とは言え他の金融商品と比較すれば安定していると思いますので、もう一段価格が上昇する前に投資しておくのはアリかなと思います。

というわけで今回の読者アンケートは、「出遅れていたJ-REITの価格が順調に回復し、東証REIT指数は1年ぶりの高値ということですが、J-REITは魅力的?魅力的ではない?」でいきましょう。投票は4月30日まで。

■【読者アンケート】出遅れていたJ-REITの価格が順調に回復し、東証REIT指数は1年ぶりの高値ということですが、J-REITは魅力的?魅力的ではない?(4月30日まで)
https://www.ginkou.info/enquete/?p=1147



>>>間違いだらけの銀行えらび ~ 銀行.info<<<

思い立ったら、今すぐこの場で資料請求!



スポンサードリンク

Copyright© 2017 Ginkou.info All Rights reserved.

PAGETOP MENU MENU