銀行.info

銀行キャンペーンを斬る!

静岡銀行:円定期6ヶ月0.50%、1年0.25%

執筆者: ginko (2017-6-30)

ユーザー参加型の銀行比較・ランキングサイトである銀行infoがご案内する、最新の銀行キャンペーンに関するニュース。今回は「静岡銀行:円定期6ヶ月0.50%、1年0.25%」です。

どうでもいいと言えば全くどうでもいいことですが、豊田真由子議員の新たな暴言音声が公開されているようです。

聞きたくなくてもニュースをつければ報道されていることもあり、ついつい耳に入ってしまうわけですが、もちろん聞くに堪えません。ちょっとチャンネルを変えてしまいたくなるくらいの破壊力ですね・・・。

ただ筆者が「聞くに堪えない」と思う気持ちの中には10%ほど豊田女史への同情も含まれています。100%本人の責任であるのは間違いないわけですし、暴言を吐かれた秘書の方は本当に可愛そうであるとは思うのですが、しかし何か引っかかってしまうのはなぜなのでしょうね?

1つは女性がカーっとなって口撃が止まらなくなってしまうシーンを何度か見ているからかもしれません。完全に火がついてしまうともう本人には止めようがないのではないかと思うわけで、もしかして本人は毎回深く反省して落ち込んでいる可能性もあります。もちろんそうでない可能性もありますが、この暴言シーンだけを取り上げるのではなく、全体像を調べてほしい気がします。実際にはなかなか難しいでしょうけれど。

もう1つは、確かに100%本人の責任であり、公人であるからしてその品性が厳しく問われるのは当然だとしても、さすがに罰が大きすぎるのではないかという点です。

これだけ盛んに報道されれば議員生命はもちろん、人としての信頼も完全にマイナスとなるわけで、報道機関がそこまで「私刑」を処す権利があるのか、という点は気になりますねぇ。ご家族もいるでしょうし。

・・・と、人道・人権志向をアピールする筆者なわけですが、一方で思い出されるのは、例の「号泣議員」です。正直、号泣議員については1%も同情しませんでした。全くのWスタンダードなわけですが、この違いはなぜなのでしょう?

まず「男性と女性の違い」はありそうです。号泣議員が女性なら・・・確かに後味は悪くなりそうです。

また、暴言議員女史には多少、メンタル的な問題を感じているのかもしれません。 「病人」に対して優しくなるのは当然です。

いずれにしてもすでに十分すぎる罰を受けているかと思いますので、いくらネタとして面白いとしても、そろそろ「撃ち方止め!」でいいのではないでしょうか?甘いでしょうか・・・。



さて、まずは前回取り上げた商品・キャンペーンのみなさんの評価をみてみたいと思います。

前回の「キャンペーンを斬る」では、住信SBIネット銀行の「新規のお客さま限定!円定期特別金利キャンペーン」を取り上げました。その名の通り、新規口座限定で定期預金の金利が優遇されるというものですが、その気になる金利はと言うと・・・

■住信SBIネット銀行「新規のお客さま限定!円定期特別金利キャンペーン」

・3ヶ月 : 0.50%


新規口座開設限定ながら3ヶ月もの金利が0.50%になる、というものでなかなかの高金利ですね!こちらも満足度は高そうです。

なお、こちらは新規客向けのものですが、すでに口座を持っている客向けにもキャンペーンが用意されていて、金利はこのようになっています。

■住信SBIネット銀行「円定期預金 特別金利キャンペーン」

・6ヶ月:0.20%
・1年 :0.20%


6ヶ月0.20%、1年0.20%ということで・・・こちらも相対的には高水準です。積極的にご活用いただければと思います。

さて投票結果ですが、5つ★満点で「2.8」。真ん中が3つ★なので、それを下回る「やや残念な評価」ということですね。

金利を考慮するともう一声いっても良いような気もしますが、3ヶ月0.5%の方は新規客限定である点などが足を引っ張ったのかもしれません。

今回の夏のキャンペーン金利は思っていた以上に良い金利が多く出てきていますのでそうしたこともこの評価に影響したのでしょうか。

では、投票がまだの方はぜひ投票をお願いします。投票は7月23日まで。

>>>住信SBIネット銀行の「新規口座開設のお客さま限定!円定期預金特別金利キャンペーン」について詳しくはこちらから

投票:https://www.ginkou.info/enquete/?p=131

前回のコラム:「住信SBIネット銀行:3ヶ月0.5%」

今回は、静岡銀行しずぎんインターネット支店の「ウルトラ金利」を取り上げたいと思います。



ここでいつものように世の中の金利動向をチェックしておくと、こうなっております。

■長期金利推移(グラフ期間:3年)



2013年4月初旬の「異次元緩和」以降、一時的に金利が上昇することはあっても、全体的には長期金利は徐々に低下しています。つまりは超・低金利傾向が鮮明となってきているわけですね。

さらに大きな金利低下圧力になったのが2014年10月31日に発表された追加金融緩和策です。これにより金利がもう一段低下するのは確実と思われたわけですが、しかし金利の「最大の刺客」は2016年1月末にやってきました。

皆さんよく御存じの「マイナス金利」政策です。これが驚くくらいに市場に波及し、長期金利はマイナス水準まで低下しました。

ただ2016年7月末の追加緩和発表後は「失望」からか長期金利が大きく上昇し、さらにトランプラリーによってアメリカの長期金利が急上昇しており、それに連動する形で日本の金利も上昇してきました。

足元では+0.070%ということで、やはり昨年までの水準と比較すればかなり回復しています。

となると更なる金利上昇を期待してしまいますが、しかし日銀が長期金利の操作目標を「0%」に設定している以上、そこから大きくかい離して上昇するというのは考えにくいですね。実際、これまでの金利上昇も「頭打ち」となりつつあるようです。

やはり金融緩和が継続している間は大幅な金利上昇は期待できないということです。いつか我々の目が黒いうちに金融緩和が縮小され、金利が自然に上昇することを願いたいと思います。

さて本題に戻りまして、6月となり定期預金に関してうれしい動きと言えば、夏の円定期預金キャンペーンや優遇金利、金利アップが徐々に開始されていることですね!

中でも魅力的なのが静岡銀行の「円定期預金ウルトラ金利」です。

静岡銀行はその名の通り日本経済の要の地域の1つである静岡県を本拠に置き、地方銀行の中でベスト3に入る業容を誇っています。つまり静岡だけでなく、日本を代表する地方銀行とも言えるわけですね。

その地方銀行の雄である静岡銀行のインターネット支店では、今回のように夏と冬とで積極的な定期預金キャンペーンを実施するのが慣わしとなっているわけですが、気になる今回の「ウルトラ金利」はこのようになっております。

■静岡銀行・しずぎんインターネット支店「円定期預金ウルトラ金利」

<新規客向け>

・6ヶ月 : 0.50%
・1年 : 0.25%


<口座保有客向け>

・1年 : 0.15%

新規客向け」と「口座保有客向け」の二段構えですが、まず新規客向けについては6ヶ月0.5%1年0.25%ということで文句なしのトップクラスです。ほとんどの方は静岡銀行の口座を持っていないと思いますので尚更ですね。

一方、口座保有客向け1年0.15%ということで「まずまず」という感じでしょうか?不公平感を感じるかもしれませんが、それでも口座保有客を全くケアしない銀行も少なくないわけで、それと比べればはるかに好ましい態度と言えます。

ちなみに本日の1年ものの市場金利は0.030%と言うことですから、その「5倍~8倍」の金利水準ということになります。これまた「出血大サービスの金利」ということですね。

なお一般的な定期預金キャンペーンと異なり注意が必要なのは、この静岡銀行インターネット支店のキャンペーンはいつも募集上限金額を設定していて、今回は

・新規客向け : 300億円

・口座保有客向け : 700億円

となっています。前回の冬のキャンペーンが 1,500億円でしたので、トータルで減っている点が気になりますね。それぞれ募集上限に到達すれば、キャンペーンが終了となります。

最近は「売り切れ」になったことはないと思いますので、あまり神経質になる必要はないかもしれませんが、9月29日までというキャンペーン期間も考慮して余裕をもって申込いただければと思います。

あくまで一般論ですが、仮に申し込みが殺到すると口座開設に数週間かかる場合もありますので、「絶対利用しよう!」と思われている方は念のために早めに口座開設だけは済ませておく方が良さそうです。

もちろん、今後もこのように「新規客向け」と「口座保有客向け」の二段構えが続くようであれば、「利用するかどうかわからない」場合は口座開設しない方が無難ですが・・・。

加えてもう1つの注意点は、なぜかこの新規客向け金利については開始日が「7月19日から」となっています!

なぜ時間差を設けるのか、その理由は全く分かりませんが、早めに口座開設が完了された方は7月19日までもう少しお待ちください。

では、ここで主要な銀行の1年もの定期預金の金利と比較してみたいと思います。

■1年もの定期預金金利比較(300万円以上)

静岡銀行 0.50% ※インターネット支店、新規顧客向け、6ヶ月
・新生銀行 0.50% ※新規顧客向け、3ヶ月
・じぶん銀行 0.50% ※新規顧客向け、3ヶ月
・住信SBIネット銀行 0.50% ※新規顧客向け、3ヶ月
静岡銀行 0.25% ※インターネット支店、新規顧客向け
・あおぞら銀行 0.25% ※インターネット支店、キャンペーン金利
・オリックス銀行 0.25%
・SBJ銀行 0.20% ※新規顧客向け
・住信SBIネット銀行 0.20% ※キャンペーン金利
静岡銀行 0.15% ※インターネット支店
・関西アーバン銀行 0.15% ※いちょう並木支店
・楽天銀行 0.12%
・ソニー銀行 0.05%
・住信SBIネット銀行 0.02%
・ジャパンネット銀行 0.02%
・三菱UFJ銀行 0.01%


やはり静岡銀行の金利はトップクラスですね。

ではこの、新規客向けには6ヶ月0.50%、1年0.25%、口座保有客向けには1年0.15%となる、静岡銀行しずぎんインターネット支店の「ウルトラ金利」。あなたの評価を教えてください。筆者は・・・魅力的なキャンペーンであることを勘案して「★★★★★」としておきます。つまり満点ですね。投票は7月30日まで。

>>>静岡銀行しずぎんインターネット支店の「口座開設で現金プレゼントキャンペーン」について詳しくはこちらから

■最新の定期預金金利比較はこちら
https://www.ginkou.info/tinycontent/tinycontent_id8.html


【読者アンケート】新規客向けには6ヶ月0.50%、1年0.25%、口座保有客向けには1年0.15%となる、静岡銀行しずぎんインターネット支店の「ウルトラ金利」。あなたの評価は?(投票は7月30日まで)  >>>投票はこちら


>>>間違いだらけの銀行えらび ~ 銀行.info<<<

思い立ったら、今すぐこの場で資料請求!



スポンサードリンク

Copyright© 2017 Ginkou.info All Rights reserved.

PAGETOP MENU MENU