銀行.info

銀行キャンペーンを斬る!

静岡銀行:円定期3ヶ月0.50%

執筆者: ginko (2018-04-20)

ユーザー参加型の銀行比較・ランキングサイトである銀行infoがご案内する、最新の銀行キャンペーンに関するニュース。今回は「静岡銀行:円定期3ヶ月0.50%」です。

恐らく世間の方とは違う視点で気になってしまうのが、福田事務次官のセクハラ発言です。もちろん、その内容はひどいもので擁護する気は1mmたりともありません。

ただ1つ同情してしまうのは、恐らく20年前なら全く問題にならなかっただろうという点です。当時はどの組織にも必ず何割かの「エロ親父」がいて、しかもそうした自分の下半身の欲求を隠さない人間は、男性中心のサラリーマン社会において「正直な人」ということで結構、好感度も高かった気がします。

また、男性の出世欲と性欲が密接に結びついているとすると、「偉いやつほどエロい」という法則性すらあったかもしれません(何の客観的証拠もありませんが)。

思い起こせば聞いてもいない出会い系サイトの攻略法をシステマティックに語り続ける上司もいました(笑)。筆者にとっては愛すべき上司の1人でしたが、少なくない数の女性スタッフが毛嫌いしておりました・・・。

いずれにしても時代と共に社会通念はどんどん変わっていくわけで、それに適応していかないといけないということですね。当たり前ですが。

しかも公務員ならなおさらです・・・。

同じくこの20年で劇的に変化したものとして「喫煙」もあげられます。20年前ならみんな職場の自分の机でスパスパやっていました・・・今から考えれば信じられないです。他山の石としたいものです。




さて、まずは前回取り上げた商品・キャンペーンのみなさんの評価をみてみたいと思います。

前回の「キャンペーンを斬る」では、イオン銀行:Myステージ普通預金最大0.12%を取り上げました。気になる優遇内容はこのように紹介されています。



つまり

1.ATM手数料無料回数

2.振り込み手数料無料回数

3.普通預金金利

の3つに集約されているわけで的確かつ必要十分ですね。その回数もそれぞれ「1回~5回」「0回~5回」「0.05%~0.12%」ということで上位の優遇を受けられるのであれば検討に値します。

さて投票結果ですが、5つ★満点で「3.6」。真ん中が3つ★なのでそれを上回るまずまず良い評価ですね!

ご利用になる方はぜひシルバーステージ以上を目指していただければと思います。

では、投票がまだの方はぜひ投票をお願いします。投票は5月13日まで。

>>>イオン銀行の「イオン銀行Myステージ」について詳しくはこちらから

投票:https://www.ginkou.info/enquete/?p=356

前回のコラム:「イオン銀行:Myステージ普通預金最大0.12%」

今回は、静岡銀行の「新規口座開設応援プログラム」を取り上げたいと思います。



ここでいつものように世の中の金利動向をチェックしておくと、こうなっております。

■長期金利推移(グラフ期間:3年)



2013年4月初旬の「異次元緩和」以降、一時的に金利が上昇することはあっても、全体的には長期金利は徐々に低下しています。つまりは超・低金利傾向が鮮明となってきているわけですね。

さらに大きな金利低下圧力になったのが2014年10月31日に発表された追加金融緩和策です。しかし金利の「最大の刺客」は2016年1月末にやってきました。皆さんよく御存じの「マイナス金利」政策です。これが驚くくらいに市場に波及し、長期金利はマイナス水準まで低下しました。

ただ2016年7月末の追加緩和発表後は「失望」からか長期金利が大きく上昇し、さらにトランプラリーによってアメリカの長期金利が急上昇し、それに連動する形で日本の金利も上昇してきました。足元でも+0.045%ということでプラス水準を維持しています。

となると更なる金利上昇を期待してしまいますが、しかし日銀が長期金利の操作目標を「0%」に設定している以上、そこから大きくかい離して上昇するというのは考えにくいですね。2月上旬に金利が0.1%に近づいたタイミングでは「指値オペ」が通達され、長期金利は0.1%以下の水準に戻っています。

つまりは「金融緩和が継続している間は大幅な金利上昇は期待できない」ということですね。実際、2017年以降、金利はほとんど全く上昇していません・・・。

いつか我々の目が黒いうちに金融緩和が縮小され、金利が自然に上昇することを願いたいと思います。

さて本題に戻りまして4月ということで新しく口座を開設しようとされている方もおられるかもしれません。駅前に店舗があったり、会社の給与振込先に指定されていたりとその銀行口座を選ぶ理由は様々ですが、どうせ口座開設するなら何かの「特典」がほしいですね(笑)。

しかもマイナス金利政策によってリテールビジネスはますます儲からなくなり、積極的に口座を増やそうとしている銀行はどんどん減っている状況ですのでなおさらそうした口座開設特典は希少です。

そうした方々にお勧めできるのが静岡銀行の「新規口座開設応援プログラム」です。

静岡銀行はその名の通り日本経済の要の地域の1つである静岡県を本拠に置き、地方銀行の中でベスト3に入る業容を誇っています。つまり静岡だけでなく、日本を代表する地方銀行とも言えますが、では気になるその新規口座開設応援プログラムの金利はと言うとこうなっています。

■静岡銀行・しずぎんインターネット支店「新規口座開設応援プログラム」

・3ヶ月 : 0.50%

あくまで、インターネット支店限定である点には注意が必要ですが、3ヶ月0.5%とかなりの好金利ですね!

加えてその後の通常金利が低いとどうしようもありませんが、静岡銀行のインターネット支店では、夏と冬とで積極的な定期預金キャンペーンを実施するのが慣わしとなっており、すでに終了しましたが前回の冬の口座保有者向けキャンペーン金利はこのようになっておりました。

■静岡銀行・しずぎんインターネット支店「円定期預金ウルトラ金利口座保有客向け)」

・6ヶ月 : 0.30%
・1年 : 0.22%

6ヶ月0.30%、1年0.22%ということでなかなかの金利水準だったわけですね!こうした金利がずっと提供されるかどうかは分かりませんが、少なくともこれまでは継続的に実施されていることから期待して良いかと思います。

新年度に合わせて新規口座開設をご検討の方は選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

では、ここで主要な銀行の1年もの定期預金の金利と比較してみたいと思います。

■1年もの定期預金金利比較(300万円以上)

静岡銀行 0.50% ※新規顧客向け、3ヶ月
・じぶん銀行 0.50% ※新規顧客向け、3ヶ月
・新生銀行 0.30% ※新規顧客向け、3ヶ月
・あおぞら銀行 0.20% ※インターネット支店
・SBJ銀行 0.20% ※新規顧客向け
・オリックス銀行 0.15%
・楽天銀行 0.12%
・ソニー銀行 0.05%
・住信SBIネット銀行 0.02%
・ジャパンネット銀行 0.02%
・三菱UFJ銀行 0.01%


やはり静岡銀行の金利はトップクラスですね。

ではこの、新規客向けに3ヶ月0.50%となる、静岡銀行しずぎんインターネット支店の「新規口座開設応援プログラム」。あなたの評価を教えてください。筆者は・・・魅力的なプログラムであることを勘案して「★★★★★」としておきます。つまり満点ですね。投票は5月20日まで。

>>>静岡銀行しずぎんインターネット支店の「ウルトラ金利」について詳しくはこちら

■最新の定期預金金利比較はこちら
https://www.ginkou.info/tinycontent/tinycontent_id8.html


【読者アンケート】新規客向けに3ヶ月0.50%となる、静岡銀行しずぎんインターネット支店の「新規口座開設応援プログラム」。あなたの評価は?(投票は5月20日まで)  >>>投票はこちら

>>>間違いだらけの銀行えらび ~ 銀行.info<<<

思い立ったら、今すぐこの場で資料請求!



スポンサードリンク

Copyright© 2017 Ginkou.info All Rights reserved.

PAGETOP MENU MENU