銀行.info

銀行キャンペーンを斬る!

楽天銀行:エクステ10年0.15%

執筆者: ginko (2016-8-5)

ユーザー参加型の銀行比較・ランキングサイトである銀行infoがご案内する、最新の銀行キャンペーンに関するニュース。今回は「 楽天銀行:エクステ10年0.15%」です。

気が付けば開会式を待たずしてオリンピックが始まっておりますね!その先陣を切った男子サッカーは敗色濃厚ですので、そっと画面を閉じましたが・・・。

しかしいつものように、なのか、これまで以上に、なのかはわかりませんが、今のところ筆者の中では「五輪熱」は全く盛り上がっておりません。基本的にはこうした「流行りもの」に関しては全くの後追いタイプですので、世の中が盛り上がってくるとその気になるとは思うのですが、今のところは熱度はゼロです・・・我ながら少し心配です(苦笑)。

ちゃんとハマれますように・・・何といっても4年に1度の祭典ですからね。これを逃せば4年後です。

しかしテレビなどを見ていても、こうしたナショナルな行事に素直に興奮する人よりも、一歩引いている人・やや斜に構えている人が増えているような気がします。そうした認識が仮に正しいとして、それが良いことなのか悪いことなのかはわかりませんが、しかしタダでさえ集団に流されやすい国民性からすれば、多様性が広がっていくことはやはりいいことなのでしょうね。

とは言いつつ筆者自身はこと今回のオリンピックに関しては乗り遅れることなく、しっかりテレビにかじりつきたいと思います。そう宣言しないとできそうにない時点ですでに乗り遅れているわけですが・・・。



さて、まずは前回取り上げた商品・キャンペーンのみなさんの評価をみてみたいと思います。

前回の「キャンペーンを斬る」では、東京スター銀行の右肩上がり円定期を取り上げました。具体的な金利水準はと言えば・・・

■東京スター銀行「右肩上がり円定期」

・最長10年タイプ
当初3年/0.10%
次の3年/0.20%
次の4年/0.30%


以前の水準と比較すれば大きく低下していますね!この金利で10年と言われても躊躇する方の方が多そうです。

とすると「悪い金利」なのかと思いますが、最近募集が再開されたばかりなのに早速、募集を停止しておりますね・・・このような注意書きが掲載されております。

・市場環境の変化により、現在募集を停止しております。

長期金利が少し低下すると募集ができなくなるほど「良い金利」ということですね。預金者としてはそうした現実をしっかり認識しておく必要がありそうです。

さて投票結果ですが、5つ★満点で、「2.8」。真ん中が3つ★ですから・・・イマイチの評価はイマイチの評価ではあるのですが、ただ募集を停止しているという点を踏まえれば思ったより評価されていますね!

募集再々開が期待されている、ということなのでしょうか。

では、投票がまだの方はぜひ投票をお願いします。投票は8月29日まで。

>>>東京スター銀行の右肩上がり円定期について詳しくはこちら

投票:http://www.old-ginkou.info/modules/xoopspoll/index.php?poll_id=1285

前回のコラム:http://www.old-ginkou.info/modules/news/article.php?storyid=871

今回は、楽天銀行の楽天エクステ預金を取り上げたいと思います。



ここでいつものように世の中の金利動向をチェックしておくと、こうなっております。

■長期金利推移(グラフ期間:3年)



2013年4月初旬の「異次元緩和」以降、一時的に金利が上昇することはあっても、全体的には長期金利は徐々に低下しています。つまりは超・低金利傾向が鮮明となってきているわけですね。

さらに大きな金利低下圧力になったのが2014年10月31日に発表された追加金融緩和策です。これにより金利がもう一段低下するのは確実と思われたわけですが、しかし金利の「最大の刺客」は2016年1月末にやってきました。

皆さんよく御存じの「マイナス金利」政策です。これが驚くくらいに市場に波及し、長期金利はマイナス水準まで低下しております。本日の長期金利も-0.095%とやはりマイナスです・・・。

ただ以前の-0.3%前後と言った極端なマイナス水準からは上昇し、合理的に説明できる水準に戻ってきました。日銀の「マイナス金利深堀期待(懸念?)」が後退している、ということなのでしょう。

それでも依然、マイナス水準ではあるのですが・・・。

預金金利がマイナスになることはないと思いますが、預金者の忍耐の日々はまだまだ続くということですね。

さてそのように金利がなかなか回復しない中で預金者としてとり得る選択肢は、短い定期預金でつないで金利上昇を待つか、逆にこれ以上金利が下がる前に長めの定期預金で金利を固定してしまう、ということではないかと思います。

後者の可能性を探られている方に選択肢に加えていただきたいのが、前回も取り上げた仕組み預金ですね。仕組み預金とは以下のような制約がある預金です。

・途中で解約できない
・満期のタイミングを預金者は選べない(銀行が延長もしくは短縮を決める)


そういった制約がある代わりに金利が高い定期預金というわけです。ではその仕組み預金の代表的な商品の1つである、楽天銀行の「楽天エクステ預金(フラット)」の具体的な金利水準はと言えば・・・

■楽天銀行「楽天エクステ預金(フラット)」

・10年間 : 0.15%


ついに0.1%台まで下がったのですね・・・「好金利継続」というキャッチコピーが虚しく響くわけですが、ただ上記の通り市場金利がマイナス水準という現状ではこれでも確かに「好金利」であるのは間違いないのでしょう。

ちなみに同じシリーズで金利が徐々に上昇していく「ステップアップタイプ」の金利はこのようになっています。

■楽天銀行「楽天エクステ預金(ステップアップ)」

・1年目 : 0.01%
・2年目 : 0.02%
・3年目 : 0.03%
・4年目 : 0.04%
・5年目 : 0.05%
・6年目 : 0.06%
・7年目 : 0.07%
・8年目 : 0.08%
・9年目 : 0.09%
・10年目 : 0.16%


平均すると10年で「0.061」%ですね。「フラットタイプ」と比べると明らかに見劣りする上に、こうした仕組み預金は「金利が下がるかそのまま」であれば継続されずに満期を迎えることになりますので、「フラットタイプ」の方が有利なのはほぼ間違いありません。

とすると100人顧客がいれば100人、フラットタイプを選びそうなものですが、仮にそうならないとするとその理由は、ステップアップタイプの最終年の金利が0.16%と申し訳程度にフラットタイプより高く設定されているから、ということでしょうね。つまり

・10年間 : 0.15%
・10年間 : 0.01%→0.16%


といった形で並べられると後者の方が有利か、少なくとも同じような金利水準であると錯覚してしまう、ということです。意図的であれば・・・姑息ですね!銀行としてはもちろん後者を販売したいはずです。

今後はこういった金利表記が求められるのかもしれませんね。

・10年間 : 0.15% ※最長延長時の平均金利0.15%
・10年間 : 0.01%→0.16% ※最長延長時の平均金利0.061%


これはこれで、「10年後まで延長される可能性が高い」という誤認を生みやすいかもしれませんが・・・。

なお今のところ募集を継続している仕組み預金の1つが住信SBIネット銀行の「プレーオフ」で、その最新の金利はこのようになっております。

■住信SBIネット銀行の仕組み預金「プレーオフ」

<フラット型>

・最短1年、最長10年タイプ : 0.23%

<ステップアップ型>

・最長10年タイプ : 当初1年/0.10% → 延長された場合10年目/0.55%


参考にしてみてください。

>>>住信SBIネット銀行の仕組み預金「プレーオフ」について詳しくはこちら

ではここで主要な銀行の5年もの定期預金の金利をチェックしたいと思います。

■5年もの定期預金金利比較(100万円以上)

・住信SBIネット銀行 0.23% ※仕組み預金、最長10年
・オリックス銀行 0.17%
・あおぞら銀行 0.15% ※インターネット支店
・関西アーバン銀行 0.15% ※インターネット支店
楽天銀行 0.15% ※仕組み預金、最長10年
・楽天銀行 0.06%
・住信SBIネット銀行 0.05%
・じぶん銀行 0.03%
・ジャパンネット銀行 0.02%
・ソニー銀行 0.01%
・三菱UFJ銀行 0.01%


商品性や期間が異なるため単純比較はできませんが、この期間の金利水準だけを見れば、オリックス銀行と上記住信SBIネット銀行のプレーオフが好水準と言えそうです。

ではこの10年間0.15%の、楽天銀行の仕組み預金「楽天エクステ預金(フラット)」。あなたの評価を教えてください。筆者は・・・「★★★★」くらいですかね。さらに世の中の金利が下がれば、少し評価を高めるかもしれませんが。投票は9月5日まで。

>>>楽天銀行の楽天エクステ預金について詳しくはこちらから

■最新の定期預金金利比較はこちら
https://www.ginkou.info/tinycontent/tinycontent_id8.html

10年間0.15%の、楽天銀行の仕組み預金「楽天エクステ預金(フラット)」。あなたの評価は?(投票は9月5日まで)  >>>投票はこちら

>>>間違いだらけの銀行えらび ~ 銀行.info<<<

思い立ったら、今すぐこの場で資料請求!



スポンサードリンク

Copyright© 2017 Ginkou.info All Rights reserved.

PAGETOP MENU MENU