銀行.info

銀行キャンペーンを斬る!

東京スター銀行:円定期預金プラス最大0.4%

執筆者: ginko (2016-8-19)

ユーザー参加型の銀行比較・ランキングサイトである銀行infoがご案内する、最新の銀行キャンペーンに関するニュース。今回は「 東京スター銀行:円定期預金プラス最大0.4%」です。

先週の当欄では今回のオリンピックについて「男子が引っ張っている」とご案内しましたが、女子レスリングの怒涛のメダルラッシュやバトミントンの金メダルなど後半はいつものように女子の活躍が目立っておりますね。

しかもどのメダルも感動的な逆転勝ちで、前半の男子の活躍の印象をすっかり薄くしております(笑)。

それはともかくドラマチックな試合の数々に本当に感謝したいと思います。大会前、あんなに冷めていた筆者も素直に心動かされております。単純なものです。

しかし何より心揺さぶられたのは女子レスリングの吉田選手の敗北かもしれません。得てして勝利より敗北の方が印象深いことも多いわけですが、今大会の最大のハイライトの1つとなるのは間違いありません。それでも銀なのですが・・・。

ここで奮起して東京で金、ともなれば最高のメークドラマなわけですが、逆にオリンピックの決勝での敗戦で引退するというのも贅沢な花道と思います。

超一流アスリートの引き際というのは他人事ながら本当に難しいですね!超三流の筆者には全く想像がつきませんが、まずはゆっくり休んでいただければと思います。

そんな悲喜こもごものオリンピックも後3日ですね。筆者も悔いのないよう応援したいと思います。そして続くパラリンピックでの日本人選手の活躍に期待しております!



さて、まずは前回取り上げた商品・キャンペーンのみなさんの評価をみてみたいと思います。

前回の「キャンペーンを斬る」では、住信SBIネット銀行の仕組み預金「プレーオフ」を取り上げました。具体的な金利水準はと言えば・・・

■住信SBIネット銀行の仕組み預金「プレーオフ」

<フラット型>

・最短1年、最長10年タイプ : 0.23%

<ステップアップ型>

・最長10年タイプ : 当初1年/0.10% → 延長された場合10年目/0.55%


それなりの水準ですね。市場金利も定期預金金利も低下し、限りなくゼロに近づいている現状では「相対的に魅力が増している」と感じる方も多そうです。

さて、この住信SBIネット銀行が取り扱う2種類の仕組み預金を比較すると、分かりやすいのは前者です。延長されてもされなくても金利は0.23%のままですから、定期預金との金利比較もしやすいです。

一方、徐々に金利が上がっていくという点が魅力的な後者のステップアップ型ですが、金利がややこしいのが難点です。仮に最長10年間延長され続けた場合の平均金利は「0.233%」ということで・・・つまり見た目と異なり両者の金利設定にあまり差はないということですね。

さて投票結果ですが、5つ★満点で、「2.5」。真ん中が3つ★ですから、それを下回る残念な結果ですね。

金利水準を考えれば妥当な評価・・・ということなのかもしれませんが。

では、投票がまだの方はぜひ投票をお願いします。投票は9月12日まで。

>>>住信SBIネット銀行の仕組み預金「プレーオフ」について詳しくはこちら

投票:http://www.old-ginkou.info/modules/xoopspoll/index.php?poll_id=1289

前回のコラム:http://www.old-ginkou.info/modules/news/article.php?storyid=875

今回は、東京スター銀行の「スターワン円定期預金プラス」を取り上げたいと思います。



ここでいつものように世の中の金利動向をチェックしておくと、こうなっております。

■長期金利推移(グラフ期間:3年)



2013年4月初旬の「異次元緩和」以降、一時的に金利が上昇することはあっても、全体的には長期金利は徐々に低下しています。つまりは超・低金利傾向が鮮明となってきているわけですね。

さらに大きな金利低下圧力になったのが2014年10月31日に発表された追加金融緩和策です。これにより金利がもう一段低下するのは確実と思われたわけですが、しかし金利の「最大の刺客」は2016年1月末にやってきました。

皆さんよく御存じの「マイナス金利」政策です。これが驚くくらいに市場に波及し、長期金利はマイナス水準まで低下しております。本日の長期金利も-0.095%とやはりマイナスです・・・。

ただ先週もご案内しましたが、以前の-0.3%前後と言った極端なマイナス水準からは上昇し、合理的に説明できる水準に戻ってきました。日銀の「マイナス金利深堀期待(懸念?)」が後退している、ということなのでしょう。

それでも依然、マイナス水準ではあるのですが・・・。

預金金利がマイナスになることはないと思いますが、預金者の忍耐の日々はまだまだ続くということですね。

さてそのように市場金利については無残な「価格破壊」が起きているわけですが、ただ全くお得な定期預金がないかと言うとそうではありません。特に「新規客限定」であったり、「新規資金限定」といった、一定のハードルをついている場合にはより有利な金利が期待できますね。

そうした「限定金利」の1つが、東京スター銀行の「店頭限定:スターワン円定期預金プラス」ですね。その名の通り「店頭限定」であることに加えて「300万円以上」という2つのハードルによって相対的な高金利が期待されるわけですが、具体的な金利水準としてはこうなっています。

■東京スター銀行「店頭限定:スターワン円定期預金プラス」

・1年 : 0.03%~0.40%


1年もの金利が最大0.4%とかなりの高水準ですね!

ただし最低金利は0.03%と驚くべき(?)金利差となっています。つまり条件をしっかり満たしていくことが大切だということですね。

その金利上乗せ条件ですが、すでにご案内した「店頭限定」と「300万円以上」の2つに加えて以下のようなマトリックスが用意されております。



これをすべて把握するのは東京スター行員でも難しいのではないかと思いますが、恒常的に0.4%を目指すとなると以下のような組み合わせでしょうか。

・投信、外貨、ローン商品の残高が200万円以上 : 6ポイント
・50歳以上 : 2ポイント


これで8ポイントですね。仮に投信も外貨もローンも嫌だという場合はこんな感じでしょうか。

・東京スターの定期預金が満期 : 4ポイント
・預金残高が1,000万円以上 : 2ポイント
・50歳以上 : 2ポイント


さらに新規客なので満期はない、という場合はこんな感じでしょうか。

・新規口座開設 : 2ポイント
・前日残高が1,000万円以上 : 2ポイント
・この定期への預け入れが1,000万円以上 : 2ポイント
・50歳以上 : 2ポイント


つまり新規に口座開設の上、一旦口座に1,000万円以上入金し、翌日以降に東京スター銀行店頭に行って預金設定すれば8ポイントになる、ということですね。

加えてどのパターンも満50歳以上であることが必須となってきます。

言い換えれば「店頭」「50歳以上」「1,000万円以上」というハードルを越えれば0.4%になってくる、ということですね。

仮に50歳未満の場合はおおむね2ポイント失うことになりますので適用金利は0.3%ということになります。それでも十分高金利ではありますが。

東京スター銀行の店頭に行くことが可能な方は検討してみてはいかがでしょうか。

なお、まだ口座をお持ちでない方は先にネットで口座を開設しておくのがベターですね。同行のホームページでもそのように誘導されております。

おそらく今時はセキュリティ強化のために店頭で口座を開設してもキャッシュカードは後日郵送、といったケースが多いのではないでしょうか?とすると先に口座開設しておいて「後は預金を設定するだけ」という状態にしておいた方が時間の節約となりそうです。

特に上記の通り8ポイントにしようと思えば、前日までに残高を1,000万円以上にしておかないといけないので尚更ですね。

>>>東京スター銀行の口座開設はこちらから

ではここで主要な銀行の1年もの定期預金の金利をチェックしたいと思います。

■1年もの定期預金金利比較(300万円以上)

・新生銀行 0.50% ※新規顧客向け、3ヶ月
東京スター銀行 最大0.40% ※店頭限定、条件あり
・あおぞら銀行インターネット支店 0.20%
・オリックス銀行 0.15%
・住信SBIネット銀行 0.15% ※キャンペーン金利
・関西アーバン銀行 0.15% ※いちょう並木支店
・ソニー銀行 0.15%
・じぶん銀行 0.14% ※新規顧客向け、3ヶ月
・東京スター銀行 0.10% ※6ヶ月
・新生銀行 0.05% ※2週間満期
・楽天銀行 0.04%
・ジャパンネット銀行 0.02%
・三菱UFJ銀行 0.01%


やはり東京スター銀行のこの定期預金はかなりの高水準ですね。条件はなかなか複雑ですが・・・。

ではこの、店頭限定で1年最大0.4%となる、東京スター銀行の「スターワン円定期預金プラス」。あなたの評価を教えてください。筆者は・・・ハードルは高いものの好金利を評価して「★★★★★」としておきます。つまり満点ですね。投票は9月19日まで。

>>>東京スター銀行の「スターワン円定期預金プラス」について詳しくはこちら

■最新の定期預金金利比較はこちら
https://www.ginkou.info/tinycontent/tinycontent_id8.html

店頭限定で1年最大0.4%となる、東京スター銀行の「スターワン円定期預金プラス」。あなたの評価は?(投票は9月19日まで)  >>>投票はこちら

>>>間違いだらけの銀行えらび ~ 銀行.info<<<

思い立ったら、今すぐこの場で資料請求!



スポンサードリンク

Copyright© 2017 Ginkou.info All Rights reserved.

PAGETOP MENU MENU