銀行.info

銀行キャンペーンを斬る!

静岡銀行:円定期3ヶ月0.50%

執筆者: ginko (2018-09-21)

ユーザー参加型の銀行比較・ランキングサイトである銀行infoがご案内する、最新の銀行キャンペーンに関するニュース。今回は「静岡銀行:円定期3ヶ月0.50%」です。

また仮想通貨の流出が起きたようですね。「Zaif」を運営しているテックビューロ社は仮想通貨67億円分が流出したと発表しています。

例の事件の後では100億円未満だと少ないと感じてしまうのは筆者も感覚が狂ってしまっているということでしょうけれど、件の事件では仮想通貨バブルが冷めやらぬタイミングであり、自己利益で損失を弁済するというウルトラCができました。

しかし現在はバブルも弾け、仮想通貨の価格も取引も低迷しています。そうしたウルトラCはかなわず、テック社は損害相当分を含む支援を親密先に求めているようです。投資家の資金が無事に保全されることを祈りたいと思います。

仮想通貨はすでにフラフラでしたが、これで完全にノックアウトされるのかもしれませんね。実際に損失を被った人が出てくれば盛んに報道されるでしょうからイメージダウンは尾を引くことになりそうです。

今や世界中のハッカーたちが仮想通貨「荒らし」に夢中になっているのだとしたら投資家や取引所にとっては分が悪いですね。ハッカーの野心・功名心に火をつけたという点でもコインチェック事件は罪が重い、ということになるのでしょうか。



さて、まずは前回取り上げた商品・キャンペーンのみなさんの評価をみてみたいと思います。

前回の「キャンペーンを斬る」では、SBJ銀行の「サンキューキャンペーン」を取り上げました。上限100万円ながら「ミリオくん」「ミリオくん2」の気になるその金利はこのようになっています。

■SBJ銀行「サンキューキャンペーン」

<ミリオくん>

新規客/1年:0.40%

口座保有客/1年:0.30%

<ミリオくん2>

新規客/2年:0.45%

口座保有客/2年:0.35%

上限100万円とは言え0.30%~0.45%ということで・・・信じられないくらい高金利です!すばらしい。これはもう採算度外視の、「広告宣伝目的」ということなのでしょう。

既に口座を持っている人でも利用できるのがいいですね。

さらに「100万円超」の資金の受け皿としては、以下のような金利も同時に用意されています。

■SBJ銀行「サンキューキャンペーン」

<スーパー定期、大口定期>

新規客/3年:0.35%

口座保有客/3年:0.30%

こちらもかなりの高金利なわけですが、上記の通り「ミリオくん」「ミリオくん2」の上限が100万円であることを勘案すれば、この0.30%or0.35%というのが今回の「サンキューキャンペーン」の本命ということになるのでしょうね。

さて投票結果ですが、5つ★満点で「4.0」。最高が5つ★ですので良い結果ですね。

ただ金利水準から言えばもう一声行っても良かった気がします。手ごろな1年物が上限100万円にとどまる点が足を引っ張ったでしょうか・・・。

では、投票がまだの方はぜひ投票をお願いします。投票は10月14日まで。

>>>SBJ銀行の「サンキューキャンペーン」について詳しくはこちら

投票:https://www.ginkou.info/enquete/?p=460

前回のコラム:「SBJ銀行:円定期1年0.40%、2年0.45%」

今回は、静岡銀行の「新規口座開設応援プログラム」を取り上げたいと思います。



ここでいつものように世の中の金利動向をチェックしておくと、こうなっております。

■長期金利推移(グラフ期間:3年)



2013年4月初旬の「異次元緩和」以降、一時的に金利が上昇することはあっても、全体的には長期金利は徐々に低下しています。つまりは超・低金利傾向が鮮明となってきているわけですね。

さらに大きな金利低下圧力になったのが2014年10月31日に発表された追加金融緩和策です。しかし金利の「最大の刺客」は2016年1月末にやってきました。皆さんよく御存じの「マイナス金利」政策です。これが驚くくらいに市場に波及し、長期金利はマイナス水準まで低下しました。

ただ2016年後半からは新しい金融緩和の枠組み=イールドカーブコントロールが始まったこともあって長期金利はプラス水準に回復し、現在に至っています。

となると預金者としては更なる金利上昇を期待してしまいますが、しかし日銀が長期金利の操作目標を「0%」に設定している以上、そこから大きくかい離して上昇するというのは考えにくいですね。

2018年7月には日銀が長期金利の変動幅を拡大させたことから、今後の長期金利はこれまでの「-0.1%~+0.1%」というレンジから「-0.2%~+0.2%」というレンジ内の動きへと変わってくるとは思いますが、それでもその上限は「0.2%」と低いままです。本日の長期金利も変動幅拡大前と比べて多少上昇したとは言え「0.115%」と低位にとどまっています。

いつか我々の目が黒いうちに金融緩和が縮小され、金利が自然に上昇することを願いたいと思います。

さて本題に戻りまして9月となり定期預金キャンペーンとしては「閑散期」に入ってきているわけですが、そうした中で頼りになるのが、新規口座開設特典として金利を大きく優遇してくれる銀行です。

そうしたお得な金利優遇キャンペーンの1つが静岡銀行の「新規口座開設応援プログラム」ですね。

静岡銀行はその名の通り日本経済の要の地域の1つである静岡県を本拠に置き、地方銀行の中でベスト3に入る業容を誇っています。つまり静岡だけでなく、日本を代表する地方銀行とも言えますが、では気になるその新規口座開設応援プログラムの金利はと言うとこうなっています。

■静岡銀行・しずぎんインターネット支店「新規口座開設応援プログラム」

・3ヶ月 : 0.50%

あくまで、インターネット支店限定である点には注意が必要ですが、3ヶ月0.5%とかなりの好金利ですね!

加えてその後の通常金利が低いとどうしようもありませんが、静岡銀行のインターネット支店では、夏と冬とで積極的な定期預金キャンペーンを実施するのが慣わしとなっており、すでに終了しましたが前回の夏の口座保有者向けキャンペーン金利はこのようになっておりました。

■静岡銀行・しずぎんインターネット支店「円定期預金ウルトラ金利口座保有客向け)」

・6ヶ月 : 0.20%
・1年 : 0.18%

6ヶ月0.20%、1年0.18%ということでなかなかの金利水準だったわけですね!こうした金利がずっと提供されるかどうかは分かりませんが、少なくともこれまでは継続的に実施されていることから期待して良いかと思います。

今から3ヶ月間運用すれば、満期の時点でちょうど冬となり、次の冬の定期預金キャンペーンを利用することも可能そうです。まだ静岡銀行の口座をお持ちでない方は選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

では、ここで主要な銀行の1年もの定期預金の金利と比較してみたいと思います。

■1年もの定期預金金利比較(300万円以上)

静岡銀行 0.50% ※インターネット支店、新規客向け、3ヶ月
・SBJ銀行 0.40% ※新規客向け、上限100万円
・SBJ銀行 0.30% ※口座保有者向け、上限100万円
・あおぞら銀行 0.20% ※インターネット支店
・じぶん銀行 0.15% ※新規顧客向け
・オリックス銀行 0.10%
・東京スター銀行 0.10% ※6ヶ月
・ソニー銀行 0.05%
・新生銀行 0.03% ※2週間満期
・楽天銀行 0.03%
・住信SBIネット銀行 0.02%
・ジャパンネット銀行 0.02%
・三菱UFJ銀行 0.01%


やはり静岡銀行の金利は期間3ヶ月ながらトップクラスですね。

ではこの、新規客向けに3ヶ月0.50%となる、静岡銀行しずぎんインターネット支店の「新規口座開設応援プログラム」。あなたの評価を教えてください。筆者は・・・魅力的なプログラムであることを勘案して「★★★★★」としておきます。つまり満点ですね。投票は10月21日まで。

>>>静岡銀行しずぎんインターネット支店の「ウルトラ金利」について詳しくはこちら

■最新の定期預金金利比較はこちら
https://www.ginkou.info/tinycontent/tinycontent_id8.html


【読者アンケート】新規客向けに3ヶ月0.50%となる、静岡銀行しずぎんインターネット支店の「新規口座開設応援プログラム」。あなたの評価は?(投票は10月21日まで)  >>>投票はこちら

>>>間違いだらけの銀行えらび ~ 銀行.info<<<

思い立ったら、今すぐこの場で資料請求!



スポンサードリンク

Copyright© 2017 Ginkou.info All Rights reserved.

PAGETOP MENU MENU