銀行.info

銀行キャンペーンを斬る!

住信SBIネット銀行:円定期1年0.13%

執筆者: ginko (2021-06-12)

ユーザー参加型の銀行比較・ランキングサイトである銀行infoがご案内する、最新の銀行キャンペーンに関するニュース。今回は「住信SBIネット銀行:円定期1年0.13%」です。

ようやく始まったワクチン接種ですがさすがの「現場力」を活かして1日あたり接種回数は徐々に伸びてきていますね。グラフを見る限り目標である1日100万回には届かないものの、ここまでのところは順調かと思います。

累計接種回数も2,000万回を超えてきました。結構なボリュームですね!

となると新規感染者がどうなっているのか気になるところですが、感染者数の推移をチェックしてみると確かに大きく減少しています。

ワクチンの影響がどこまであるかは分かりませんが、もともと他国と比較すると感染者数が少なかったことを考えれば、接種人口が2~3割に達するだけでもかなりの効果があるかもしれません。

いよいよアフターコロナですね!感慨深いです。



さて、まずは前回取り上げた商品・キャンペーンのみなさんの評価をみてみたいと思います。

前回の「キャンペーンを斬る」では、ソニー銀行の円定期預金特別金利キャンペーンを取り上げました。気になる金利はと言うと・・・

■ソニー銀行「円定期特別金利キャンペーン」

・6ヶ月:0.13%
・1年 :0.13%

どちらも0.13%ということですね。恒例の金利水準は0.15%だったわけですが、前回から0.13%になってしまいました。

今のところ定期預金金利の高金利の目安は0.20%程度であることを考えれば物足りないですね。

ちなみにこちらのキャンペーンは8月31日までとなっております。まだまだ余裕がありますので、他のキャンペーンが出揃ったタイミングで決めればいいのではないかと思います。

さて投票結果ですが、5つ★満点で「2.8」。真ん中が3つ★なので少し残念な評価ですね。

金利水準を考えればこんなものなのかもしれませんが・・・。

では、投票がまだの方はぜひ投票をお願いします。投票は7月5日まで。

>>>ソニー銀行の「円定期預金特別金利キャンペーン」について詳しくはこちらから

投票:https://www.ginkou.info/enquete/?p=1197

前回のコラム:「ソニー銀行:円定期6ヶ月0.13%、1年0.13%」

今回は住信SBIネット銀行の「円定期特別金利キャンペーン」を取り上げたいと思います。



ここでいつものように世の中の金利動向をチェックしておくと、こうなっております。

■長期金利推移(グラフ期間:10年)



2013年4月初旬の「異次元緩和」以降、一時的に金利が上昇することはあっても、全体的には長期金利は徐々に低下しています。つまりは超・低金利傾向が鮮明となってきているわけですね。

さらに大きな金利低下圧力になったのが2014年10月31日に発表された追加金融緩和策です。しかし金利の「最大の刺客」は2016年1月末にやってきました。皆さんよく御存じの「マイナス金利」政策です。これが驚くくらいに市場に波及し、長期金利はマイナス水準まで低下しました。

ただ2016年後半からは新しい金融緩和の枠組み=イールドカーブコントロールが始まったこともあって長期金利はプラス水準に回復しました。

となると預金者としては更なる金利上昇を期待してしまいますが、しかし日銀が長期金利の操作目標を「0%」に設定している以上、そこから大きくかい離して上昇するというのは考えにくいですね。

2018年7月と2021年3月には日銀が長期金利の変動幅を拡大させたことから、長期金利は現在「-0.25%~+0.25%」の範囲内で動いていくことになりましたが、それでもその上限は「0.25%」と低いままです。

本日の長期金利も「0.030%」とジワジワ下がってきました・・・金利が本格的に上昇するのはまだまだ先ですね。

さてそのように市場金利については残念な状態ですが、一方、うれしい動きと言えばボーナス時期ということもあり定期預金キャンペーンが出始めていますね。

その1つが今回取り上げる住信SBIネット銀行の「円定期特別金利キャンペーン」です。その気になる金利はと言うと・・・

■住信SBIネット銀行「円定期預金 特別金利キャンペーン」

・1年 :0.13%


1年0.13%ということですね。前回よりは少し下がりました。物足りなく感じる方もいそうです。

一方で誰でも利用できるのはメリットですね。

2021年8月8日までとなっていますのでご注意ください。

では、ここで主要な銀行の1年もの定期預金の金利と比較してみたいと思います。

■1年もの定期預金金利比較(300万円以上)

・新生銀行 0.50% ※新規顧客向け、3ヶ月
・東京スター銀行 0.25% ※6ヶ月
・東京スター銀行 0.25% ※新規顧客向け
・SBJ銀行 0.25% ※新規顧客向け、キャンペーン金利
・あおぞら銀行BANK 0.20%
住信SBIネット銀行 0.13% ※キャンペーン金利
・ソニー銀行 0.13% ※キャンペーン金利
・オリックス銀行 0.12%
・新生銀行 0.03% ※2週間満期
・楽天銀行 0.02%
・PayPay銀行 0.02%
・auじぶん銀行 0.02%
・三菱UFJ銀行 0.002%

住信SBIネット銀行
の金利はやはりそこそこの水準と言えそうです。

ではこの、誰でも利用できて1年ものが0.13%となる住信SBIネット銀行の「円定期特別金利キャンペーン」。あなたの評価を教えてください。筆者は・・・「★★★★」としておきます。投票は7月12日まで。

>>>住信SBIネット銀行の「円定期預金特別金利キャンペーン」について詳しくはこちらから

■最新の定期預金金利比較はこちら
https://www.ginkou.info/tinycontent/tinycontent_id8.html


【読者アンケート】誰でも利用できて1年ものが0.13%となる住信SBIネット銀行の「円定期特別金利キャンペーン」。あなたの評価は?(投票は7月12日まで)  >>>投票はこちら

>>>間違いだらけの銀行えらび ~ 銀行.info<<<

思い立ったら、今すぐこの場で資料請求!



スポンサードリンク

Copyright© 2017 Ginkou.info All Rights reserved.

PAGETOP MENU MENU