銀行.info

銀行キャンペーンを斬る!

5月の金利比較、更新しました(その2)。

執筆者: ginko (2017-5-8)

ユーザー参加型の銀行比較・ランキングサイトである銀行infoがご案内する、最新の銀行キャンペーンに関するニュース。今回は「 5月の金利比較、更新しました(その2)。」です。



さて、先週に引き続き、外貨預金・投資信託・カードローン・セキュリティのサービス一覧と証券会社比較を更新しました。

なお、先週更新した口座サービスと円定期預金金利比較、FX比較、住宅ローン金利比較についてはこちらからご確認ください。
■今月の金利更新(その1):
http://www.ginkou.info/news/20170501.html



5.外貨預金・外貨定期預金比較
http://www.ginkou.info/tinycontent/tinycontent_id20.html


今月は特に新しいキャンペーンはないようです。

さて評価ですが、いつものように楽天銀行ソニー銀行三井住友信託銀行住信SBIネット銀行じぶん銀行SBI  FXトレードに加え、高金利が魅力的な東京スター銀行、そして外貨預金の提供を開始したジャパンネット銀行を★★★としています。

米ドルは、リーマンショック後のアメリカの金融緩和の影響を受けてずっと下落が続いてきました。つまり円高が進んできたということですね。

しかしながら。

安倍政権の発足と共に2013年から円安を試す動きとなり、あっという間に100円を超える円安となりました。

これは、貿易収支の赤字による実需の円安圧力に加え、2013年4月4日に発表された「異次元」と形容される、日銀の新たな金融緩和策の影響が大きかったと言えます。

そしてそうした円安の動きにダメを押したのが2014年10月末に発表された日銀の追加金融緩和策でした。これは「黒田バズーカ2」と形容されるほど驚きをもって迎えられ、結果的にその後ガツンと円安が進みました。

加えてアメリカで「利上げ」が始まった一方で、日本では今度は「マイナス金利」という衝撃的な「黒田バズーカ3」が発射されたこともあり、日米の金利差拡大に伴うさらなる「円安ドル高」は間違いないと思えたのですが・・・2016年は反対に大きく円高が進みました!

日本の金融緩和よりも中国経済の減速やBrexitといった次々起こる「世界的な心配事」の方が影響が大きかった、ということなのでしょう。やはり日本円は「安全資産」なのですね・・・。

2016年7月末に発表された異次元緩和第4弾も「期待外れ」でした。

しかし。

2016年秋からは再びアメリカの利上げが織り込まれたことに加えて、想定外だった「トランプショック」によって大きく円安が進みました。「トランプリスク」によって円高になるかと思いきやそうならないところに違和感を感じたものですが、これはトランプ政権に対する期待に加えて、アメリカの上下院で共和党が勝利したという「共和党期待」もあったのでしょう。

ただその「トランプラリー」も一服し、一時は118円台まで進んだ円安も足元では112円まで円高に戻ってきていますね。

それでも103円前後だった「トランプ前」の水準に比べれば大幅な円安水準ではありますし、足元では再び円安に動き始めているように見えますが、今後どこかでトランプラリーの反動から円高に巻き戻されていくリスクについては頭の片隅に入れておいた方が良さそうです。

<ドル円為替チャート(1年)>


対ユーロでは足元で急激な円安傾向になっています。フランス大統領選挙の影響でしょうか。

<ユーロ円為替チャート(1年)>


対豪ドルでも足元では少し円安傾向です。

<豪ドル円為替チャート(1年)>


なお、2017年の当サイトのユーザー人気ランキングでは、新生銀行住信SBIネット銀行が1位となっています。

■外貨預金ランキング
http://www.ginkou.info/ranking/index.html#rank4


6.投資信託比較
http://www.ginkou.info/tinycontent/tinycontent_id17.html


今月の新しいキャンペーンは住信SBIネット銀行の「SBI証券新規口座開設キャンペーン」と「SBI証券口座開設&ハイブリッド預金振替キャンペーン」、そしてジャパンネット銀行の「NISA口座開設キャンペーン」ですね。

これから投資信託を利用しようとされている方はこうしたキャンペーンを上手にご活用ください。

さて評価ですが★★★は、積極的なキャンペーンを実施している住信SBIネット銀行ジャパンネット銀行、そして楽天銀行としています。

また、投資信託のラインナップについては、多くの銀行でラインナップが充実してきて、さらにメガバンクもノーロード(手数料無料)ファンドを販売し始めたこともあり、「ノーロードファンド」の観点から住信SBIネット銀行(SBI証券)楽天銀行(楽天証券)ジャパンネット銀行を★★★としています。

なお、2017年の当サイトのユーザー人気ランキングでは、新生銀行楽天銀行が1位となっています。

■投資信託ランキング
http://www.ginkou.info/ranking/index.html#rank6

※投資信託リターン率(1年)ランキング
http://www.ginkou.info/tinycontent/tinycontent_id17.html#tiny4


2017年5月の1年リターン率ランキングです。これまで中国A株ファンドが寡占状態だったわけですが、2016年後半に一気に入れ替わりました。

2015年夏から続く世界同時株安の「主犯」の1人であり、バブルが崩壊したと指摘されて久しい中国A株に投資するファンドが上位を独占するというのは何とも奇妙な印象を受けたものですが、いよいよ姿を消したわけです。

その中国上海市場の動きをチェックしてみるとこうなっています。



ただバブル崩壊から1年以上経て、1年前と比較すれば結構上昇していますね!実際、今月は2位と3位に中国株ファンドがランクインしています。

実にしぶといですが、中国株式がこのまま順調に上昇するのであれば、世界の株式市場にとっては良い材料ですね。さすがに今度はバブルにはなりにくいでしょうし・・・恐らく。足元でガクっと下がっている点は気になりますが。

ちなみにその中国株ファンドの代わりにランクインしてきたのは日本の中小型株ファンドでしたが、こちらも昨年の夏の訪れとともに姿を消してしまいました。株価が好調だったマザーズ市場をチェックしてみるとこうなっています。



確かに、昨年の5月ごろをピークに下落しています。ただ今年に入ってからこちらも再び上昇し始めているようです・・・中国株同様しぶといですね。マザーズ市場と直接関係があるかどうかは分かりませんが今月の1位は日本株ファンドとなっています。

一方、3月までランキングを席捲していたブラジル株式ファンドですが一気にいなくなってしまいました。そのブラジルの株価指数をチェックしてみるとこのようになっています。



1年前と比較すればそれでもかなり上昇しているように見えますけれどね?謎です・・・。

とは言いつつランキングを見てみると、「ブラジル株式ファンド」は姿を消したものの、「レアル建てファンド」は結構多いですね。4ファンドがレアル建てということです。

そうしたわけでブラジル・レアルの為替相場をチェックしてみるとこうなっています。



1年前は31円だったものが足元では35円ですから、13%ほど上昇しているわけですね。 これだけでランキング上位というわけにはいきませんが、一定の後押しになったのは間違いなさそうです。

ということで今月のランキングの内訳をまとめるとこうなります。

・日本株ファンド : 1
・中国株ファンド : 2
・レアル建てファンド : 4
・米国エネルギー関連 : 2
・米国株ファンド : 1


要するに・・・バラバラだということですね!ここまでバラバラなのも珍しい気がしますが、今後、どのファンドが成績を伸ばすのか、それともバラバラな状態が続くのか、はたまた新たな勢力が一気にランキングを席捲してしまうのか気になるところです。

注目ですね。


7.カードローン比較
http://www.ginkou.info/tinycontent/tinycontent_id30.html


まず銀行系のカードローンを比較してみます。信用力があって最低金利が1.7%と低いオリックス銀行の「オリックス銀行カードローン」、0.99%の住信SBIネット銀行の「MR.カードローン」、そして3.0%のみずほ銀行の「みずほ銀行カードローン・エグゼクティブプラン」となりました。

次に銀行グループ傘下のローン会社のカードローンですが、やはり銀行本体のカードローンと比べると金利は全般的に高いですね。銀行本体のカードローンの審査に落ちた場合などに利用すればよいと思います。

この中では、最低金利が4.5%となっているプロミス、3.0%となっているアコムを★★★としました。

なお、2017年の当サイトのカードローン人気ランキングではオリックス銀行住信SBIネット銀行が1位となっています。

■カードローンランキング
http://www.ginkou.info/ranking/index.html#rank8


8.セキュリティ比較
http://www.ginkou.info/tinycontent/tinycontent_id18.html


セキュリティに関する動きといえば、三井住友信託銀行が、新しい振込先に振り込む時に適用となる「電話認証サービス」の導入を発表しています。これは登録された電話番号から電話しないと認証されないもので面倒といえば面倒ですが、相応に強固なセキュリティ対策となるのではないでしょうか。

また、三井住友銀行は2016年7月から乱数表の利用を縮小させ「パスワードカード」がないと振込などができなくなりました。利便性は下がりますがセキュリティの向上が期待できますね。

その先を行くのがジャパンネット銀行でついに2015年4月から乱数表を終了しました!これからは「ワンタイムパスワード一本」ということです。ただ2016年12月から、そのワンタイムパスワード用のトークンを携帯したくない人に「認証パネルアプリ」の提供を開始していますね。利便性の向上に努めているのは大変いいことだと思います。

三菱東京UFJ銀行も2014年8月から「ワンタイムパスワードアプリ」の提供を開始しているほか、インターネットバンキング専用の無料ウィルス対策ソフトの提供を始めています。2015年3月からはみずほ銀行と同様に「ワンタイムパスワードカード」も導入しています。

さらにこちらも2016年6月からワンタイムパスワードがないと振込ができなくなりました。上記、三井住友銀行ジャパンネット銀行と同様の動きと言えます。

住信SBIネット銀行もスマートフォンを利用した認証サービス「スマート認証」の取り扱いを開始しています。振込みのたびにスマートフォンで認証するものでこちらもセキュリティレベルはかなり高そうです。

りそな銀行も新たな認証方式である「ワンタイムパスワード生成アプリ(ソフトウェアトークン)」を、そしてみずほ銀行も「スマホアプリ型ワンタイムパスワード(ワンタイムパスワードアプリ)」の導入を開始しています。三菱東京UFJ銀行と同様ですが、自分のスマホからワンタイムパスワードを入手できるので便利ですね。

このように各銀行がセキュリティ強化を急ぐ理由はと言えばもちろん、インターネットバンキング経由での不正送金被害が増加しているためですね。報道によれば2015年の1年間の被害額が約30億円ということで、残念ながら2014年の被害額である約29億円から微増となっています。十分な注意が必要です。

ちなみに新たな不正の動きとしては法人向けインターネットバンキングが狙われているという話ですのでお心当たりの方、会社の方は十分ご留意ください。

こうした不正送金の主な手口ですが、1つ目は偽のポップアップ画面によるもの、ということですね。

具体的にはウイルスに感染したコンピューターで、メガバンクなどのインターネットバンキングにログインすると、偽のポップアップ画面が表示されて、そこに騙されて乱数表の番号などを入力してしまうと、情報が盗まれ、犯人に不正にログインされてしまう、という手口です。

偽画面の例は、各銀行が発表していますので参考にしてみてください。

不正送金の主な手口の2つ目は、被害が急速に拡大しつつあるフィッシングメールです。メールを受け取った経験のある方も多いと思います。

フィッシングメールと言われると何かハイテクなものかと不安になりますが、実際にはこちらも偽のポップアップ画面の手口と同様に、偽のログイン画面や添付ファイルに暗証番号等を入力させ、送信させるというアナログのものです。

どちらも確かに巧妙ですが、自衛手段は簡単ですね。「何があっても乱数表の全ての組み合わせを入力しない」ということに尽きます。

インターネット上でいくら不正な細工をしても、手元にある乱数表の数字の情報を直接奪うのは不可能です。被害に遭うのは主にこうした数字を全て入力してしまった場合だけですね。結局のところ、最後はパソコンではなく人が騙されるかどうかにかかっています。今一度、上記原則を胸に刻みこんでいただければと思います。

通常、乱数表の入力は3マス程度だと思いますが、4マス以上だと「おかしいぞ?」と思う姿勢が重要ですね。乱数表を廃止する銀行も徐々に増えてきておりますが・・・。

ここで評価のポイントですが、以下の6つです。まだ全てが○の銀行はありません。

<評価のポイント>
1.生体認証カード
2.ICカード
3.乱数表
4.ワンタイム・パスワード
5.出金メール通知
6.不正利用保険


★★★はみずほ銀行三井住友銀行楽天銀行の3行としました。

なお、2017年の当サイトのユーザー人気ランキングでは新生銀行が1位になっています。

■セキュリティランキング
http://www.ginkou.info/ranking/index.html#rank9


9.証券会社比較
http://www.ginkou.info/tinycontent/tinycontent_id31.html


株式の現物手数料については、SBI証券楽天証券マネックス証券、そしてGMOクリック証券がずば抜けて低いですね。特に利用する回数が多そうな、売買金額が10万円までが150円以下、50万円までが400円以下、100万円でも650円以下と、1,000円を大幅に切る水準ですね。魅力的です。

このSBI証券楽天証券マネックス証券、そしてGMOクリック証券を★★★としました。

また、証券会社の口座開設キャンペーンについては、取引条件がいろいろありますが最大で15万円程度もらえるわけで、どうせ口座を開設するなら、ぜひこういったキャンペーンを併用していただければと思います。

さて株式相場ですが、2008年のリーマンショック、2011年の東日本大震災が転機となり大きく下落し、その後はどんぶらこ、どんぶらこと、日経平均で言えば8,000円から9,000円の間を行ったり来たりする日々が続いておりました。

そんな低位安定中だった日本の株価ですが、2013年から上昇を始め日経平均はあれよあれよと16,000円前後まで上昇しました。

このように株価が上昇した最大の要因はアベノミクスへの期待と大規模な金融緩和によるものですね。金融緩和が実施されれば原則的には円があふれることから円安要因となるわけですが、実際に大きく円安が進み、それと歩調を合わせるように株価も上昇していきました。

さらに2014年10月末に日銀から追加金融緩和策が発表されたのを契機に再び大きく株高が進みました。20,000円を超え、このまま高水準を維持していくものと思ったわけですが・・・株式相場はそんなに甘くはなく、逆に昨年8月以降、中国の景気失速やアメリカの利上げに対する懸念から急落しました。

そして2016年に入ってからはもっと深刻な株価下落局面を迎え、原油(オイル)などの資源価格の下落も意識され、上記中国(チャイナ)に対する懸念との掛け合わせで「チャイル・ショック」などと言った言葉も踊りました。

加えて衝撃だったのがBrexitですが、ただその後はそうした混乱も徐々に落ち着き、株価もジワジワ回復してきています。

2016年2回目の衝撃となったトランプショックもなぜか円安・株高となりましたね!わからないものです・・・。

シリアや北朝鮮での地政学リスクが高まる中、驚くくらい粘り腰を見せている「トランプ相場」ですが、一体この好調さはいつまで続くのでしょうね?なかなか楽観的になれない筆者ですが、そうした懸念は今のところ外れ続けております(苦笑)。

相場格言としては「Sell in May」、つまり「5月に株は売っておけ」という言葉が有名ですが今年の5月はどうでしょうか。

<日本の株価/日経225(1年)>



円建ての世界の株価についても、再び上昇の兆しが出てきました。こちらも粘り腰です。

<世界の株価/MSCIコクサイ(1年)>



2017年の当サイトのユーザー人気ランキングではGMOクリック証券が1位となっています。

■証券会社ランキング
http://www.ginkou.info/ranking/index.html#rank10


各銀行のサービスを調べたら、ぜひ「2017年版」ユーザーランキング投票にもご参加ください。あなたの1票が、結構、重要です。

投票募集中!みんなで選ぶ「2017年版」ユーザー人気投票■
http://www.ginkou.info/enquete2.html



>>>間違いだらけの銀行えらび ~ 銀行.info<<<

思い立ったら、今すぐこの場で資料請求!



スポンサードリンク

Copyright© 2017 Ginkou.info All Rights reserved.

PAGETOP MENU MENU